• 水口 健次 / MIZUGUCHI KENJI

    声楽 ヴォーカル指導

    テノール歌手
    大阪音楽大学卒業 同大学専攻科修了
    上方オペラ工房メンバー
    関西二期会 準会員

2003年上方オペラ工房「愛の妙薬」ネモリーノでデビュー。伊丹市民オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」トゥリッドゥ、日本オペラ団体連盟「ジャンニ・スキッキ」リヌッチョ、「妖精ヴィッリ」ロベルト役、「カルメン」ドン・ホセ役、「こうもり」アイゼンシュタイン及びアルフレード役等レパートリーは多岐にわたる。
近年は歌唱指導にも携わり、東灘区民ホール「世界の名歌を歌う」、音楽創作工房ムジカヴィーヴァ講座の講師を務めている。
イタリア・ボローニャ歌劇場と共同制作「トゥーランドット」や「トスカ」で合唱指導を務める。